誤解されやすい病・新型うつ病|生活のしづらさを適切治療で改善!

医師が行う治療法

ハート

多くの人は、精神病に罹った人への治療法として、なんらかの治療薬を使用するのだと考えるものでしょう。体に罹る病とは違い、精神からくる症状は衝動性や強迫性などの症状が現れるため、精神を落ち着かせるために治療の一環として投薬を行うことがあるのです。新型うつ病の治療法としてこうした投薬を行う場合もあり、症状がより深刻である場合に医師の判断で処方されることがあるのです。処方される薬剤は定型のうつ病と同じく、抗うつ剤や抗精神薬といった薬が主となります。気分の急激な落ち込みを抑え、心身に掛けられる負担を軽減させることができるのです。こうした抗うつ剤などの薬剤は、使用することにより脳の神経物質の再取り込みを促す事ができます。うつ病はストレスによって神経伝達物質の分泌量が制限されることにより症状が現れるとされています。人はなんらかの活動を行うことで、常にたくさんの脳内物質が分泌されます。快、不快の感情を覚えるだけでも神経伝達物質が分泌され、人がなんらかの行動を起こす場合、その陰には必ず各種神経伝達物質が分泌されているのです。うつ病はこの神経伝達物質の分泌が偏ることで引き起こされます。毎日常に強いストレスを感じ続けた場合、分泌される神経伝達物質も同一のものとなり、脳の活動させるための刺激が不足することとなります。こうした状況下で起きるのがうつ症状であり、脳の活動低下によって強い倦怠感や不安感といった症状が現れるようになるのです。新型うつ病もまた、特定の状況下で神経伝達物質が不足することで引き起こされます。薬剤を投与することにより、脳の活動を活発化させ、うつ症状を改善させることができるでしょう。注意しなければならないのがこうした投薬は一時的な症状の緩和しかできない点であり、あくまで応急処置として処方されるものなので症状を根本から治療することはできません。定型うつ病や新型うつ病も、根本からの解決には本人の努力が何より重要となるのです。

新型うつ病などに効果的な治療法として、認知行動療法が挙げられます。認知行動療法とは、自分で自分の置かれている状況や症状をきちんと把握し、症状によって引き起こされる衝動性や強迫観念を自分の意思で抑えこむ方法です。慣れない内は心身に重い負担が掛けられるので、却って症状が悪化してしまうのでは、と考える人も多くいます。しかし、根気よく認知行動療法を続けることにより、自分で強く意識せずとも感情のコントロールを行うことができるようになるのです。新型うつ病は自己像の誇大化によって引き起こされる病ですので、認知行動療法によって自分自身を冷静に見つめる目を養うことで治療が行えます。認知行動療法によって自分の立ち位置を把握できると同時に、周囲の人も冷静に客観視できるので、円滑な関係性を築くことができるでしょう。ストレスを招く自分自身の言動を抑え、さらに周囲からの孤立なども防げるので、新型うつ病を引き起こす環境を改善させることに繋がるのです。

Copyright© 2015 誤解されやすい病・新型うつ病|生活のしづらさを適切治療で改善!All Rights Reserved.