誤解されやすい病・新型うつ病|生活のしづらさを適切治療で改善!

辛くなったらすぐ来てください

-新着記事はコチラ-

定型との違い

辛そうな女性

多くの人が思い浮かべる定型のうつ病とは違い、ストレスを感じる場所や事柄に触れた時に強いうつ症状が現れるのが新型うつ病です。治療方法としてカウンセリングを行う事が挙げられ、ストレスの元を改善することで治療ができます。

-記事詳細へ-

高精度の光トポグラフィー

ナース

新型うつ病について、現在多くのメディアがしきりに喧伝していることからもおおまかな症状を把握している人は多くいるでしょう。学校や仕事に向かう事や、仕事のことなどを考えることでうつ病に似た症状が現れ、ストレスを与えられる物事が遠ざかることで急速に症状が収まるといった特徴があります。この新型うつ病は20代や30代の若者が中心に罹患するものです。原因としては誇大化した自己像と現実のギャップに耐えられず、強いストレスによってうつ病による症状が現れることが挙げられるでしょぅ。この新型うつ病に罹りやすい傾向として、人からの批判に過敏に反応する事が挙げられ、人に嫌われる事を極度に恐れ、少し注意をしただけで逆に激しく相手を批判するなど、定型のうつ病とは異なるものです。治療を行う場合は定型のうつ病と方法はほとんど変わらず、カウンセリングを通して認知行動療法を行うことに加え、アサーショントレーニングなどを行うことで周囲との良好な関係性を築けるよう訓練し改善させられます。あまりにもうつ症状が重篤である場合、投薬によって症状を和らげることもあります。新型うつ病は決して仮病や思い込みなどではなく、激しい動悸やめまい、強い倦怠感や気分の落ち込みが現れるれっきとした病です。専門の医師のもと適切に対処することで、症状がさらに重篤なものとなることを防げるでしょう。

新型うつ病などの症状は、精神科などに勤める医師からの問診やカウンセリングによって検査を行うことができます。患者さんが実生活において障害となっている事を聞き出し、新型うつ病の特徴に合致しているかどうかを調べることで、正確な診断を行えます。近年ではさらに正確に診断を行えるように、光トポグラフィーと呼ばれる検査機器も利用されます。頭部に磁気を発生させる器具を取り付けることで、脳の血流量から現在うつ病に罹患しているかどうかを調べることができるのです。うつ病に罹っている場合、脳の神経伝達物質が不足することで脳の活動は抑制されているので、血流量が健常な人と比べて少なくなっているのです。15分程度の検査で高い精度で判別することができるので、新型うつ病かどうかをすぐに調べることが可能となります。強いストレスを感じる物事について思い出させるだけで反応を示す新型うつ病も、この検査によって血流量の変化をはっきりと見てとることができるので、検査の際は光トポグラフィー検査を希望しておきましょう。

ギャップによる原因

男性

新型うつ病の原因として、自分自身が抱く自己像を誇大化させてしまうことが挙げられます。自分が理想とする自己像と現実とのギャップによりうつ症状が発症するので、現実に適応できるようトレーニングを行う必要があります。

-記事詳細へ-

罹りやすい傾向

医者

自分が新型うつ病となるリスクが高いかどうかを調べることで、適切に対処することができます。さらに、自分に近い人がこうした病に罹っているかどうかを調べることで、相手への正しい対応も可能となります。

-記事詳細へ-

医師が行う治療法

ハート

新型うつ病に罹った際、症状が深刻なものであった場合に限り投薬による治療を行います。さらに認知行動療法によって自分を客観視できると同時に、相手との円滑な関係性を築けるようになるので症状の根本解決が行えます。

-記事詳細へ-

Copyright© 2015 誤解されやすい病・新型うつ病|生活のしづらさを適切治療で改善!All Rights Reserved.